2018ルカノーズ講評会

今年もタグボートインディペンデント展に向けて活気に溢れているアトリエいいカンジですね。今年の講評会メインゲストは多摩美術大学の教授・現代アーティストの笠原恵実子先生に決まりました!
キレキレのコメントを楽しみに覚悟してください。笑
(タグボートインディペンデント出品者メインの講評会となりますが、見学・懇親会のみの参加も歓迎です!今年参加しない人も来年の展示のためにぜひ!)
(講評にはルカノーズ講師も参加です。 三杉、金古、山内(康)、shiori、荒井)

d0130395_10272495.jpg


d0130395_10274596.jpg
★笠原恵実子
多摩美術大学大学院美術研究科修了後、1995年から2014年までニューヨークを拠点として活動。これまで「日本の現代美術1985–1995」(東京都現代美術館、1995)、横浜トリエンナーレ2001、第14回シドニー・ビエンナーレ(2004)など、世界各地の国際展やグループ展に参加。大理石やシリコン、人工毛髪といった無機質でありながら女性的な質感も連想させる素材を用いて、冷静かつ繊細に世界を捉えた作品を制作。2000年から、世界85カ国にあるキリスト教会の献金箱を撮影した写真と、その記録を元に自ら作り出した彫刻作品で構成されるインスタレーション「Offering」を制作、グラーツ民族学博物館(オーストリア・グラーツ、2005)、ヨコハマトリエンナーレ2014で発表した。この作品において笠原は、10年以上にわたる丹念なフィールドリサーチの記録と、そこから展開するオブジェの制作という一連の過程を可視化し、その結果を写真および彫刻作品へと昇華させている。西洋を起源とする制度や二元的思想への疑問から、その状況を象徴する人工遺物を収集、提示、そして変化させる行為を試み、その継続的な実践を通じて異なる解釈や提案を生み出す可能性を追求している。(京都国際現代芸術祭HPより引用)




◆日時:7月28日(土)17:00-20:00
◆場所:ルカノーズ目黒・不動前校

◆参加費:6,480円(税込・懇親会費込・会員は、受講2回分+差額ご負担にて参加できます。)
(見学・懇親会のみ参加は3,240円・会員は受講1回分+差額)
今回は最初から軽食&お酒が出ますので飲みながら食べながらの気楽な講評会をイメージしてます。

◆講評参加 定員8名 + 見学参加は5名まで

(ちなみに以前の講評会の写真アルバムhttps://goo.gl/photos/9w6DuGt7qYtr68w46


お申し込み:
お名前、メールアドレス、携帯電話(当日のご連絡先)、参加日時
「2018ルカノーズ講評会」講座参加希望とお書きの上、
info@lukanose.com までEメールにてご連絡ください。

[PR]
by lukanose-ikebu | 2018-07-04 10:18 | オープンカレッジ | Comments(0)


池袋の絵画教室ルカノーズ


by lukanose-ikebu

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無料体験 受付中!
NEWs
教室詳細・クラス
講師プロフィール
授業風景
オープンカレッジ
コンタクト・MAP・公式HP
こどもくらす
未分類

記事ランキング

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 01月
2015年 01月