森美術館見学ツアーレポート

d0358704_20080715.jpg

本年最初の香月クラスの授業は念願の美術館見学ツアー!
六本木・森美術館で開催されていた「カタストロフと美術のちから」展を見学しました。
この展覧会はカタストロフ(大惨事)と美術家達がどのように向き合ってきたかというバリバリの現代アートの展示です。
香月クラスの生徒さん達は初心者の方も多く、現代アートなんて見たことないという方もいらっしゃるので、初めての方も楽しく見学できるように「旅のしおり」を作成&持参しました。
d0358704_10113285.jpeg
待ち合わせ場所は六本木ヒルズのシンボル的なオブジェ、ルイーズ・ブルジョワ作「ママン」の前に集合です。
寒い!とにかく寒い!しかしながら美術初心者の皆さんにいきなり現代アートを見学してもらってもきっとわけがわからないであろうということで、寒空の下、ルイーズ・ブルジョワの蜘蛛の彫刻の解説から講義スタート!

「ママン」の作品の背景はルイーズの子供時代、父親の愛人が住み込みの家庭教師となり、表向きは平穏ながら実際は完全に崩壊した家庭で育ったことにあります。母に対して絶対的な権利を振りかざす父親、それに耐える母親。そんな母への愛情を獲物を耐えながら待ち続ける蜘蛛の姿に投影しました。
なので、作品のタイトルが「ママン」なのです。

このように現代アートは作品のコンセプトを知ることで見え方が変わります。アーティストの世界観を理解して見ることで楽しみ方がぐっと増すのです。
そして社会構造の変化と西洋美術史の流れや多様な現代アートのキーワードも解説し、いざ森美術館へ!
d0358704_10371415.jpeg

皆さん初めての体験と情報量にクラクラでしたが、アートは自己表現でもあり、社会に問題提起するものでもある、そして人の心を救済することができるものでもあるということがわかりやすい展示でした。
見学後は頭がパンク寸前だったので、みんなでテレビ朝日の吹き抜けにあるカフェへ。

d0358704_10581056.jpeg

お茶を飲みながら一人一人感想を発表したり、現代アートのわからないことの質疑応答タイムです。皆さん現代アートは難しかったけれど面白かった!と言って頂けましたが、たぶんまだまだ、わからないことの方が多いと思うので、今後はそのあたりを授業で解説していきたいと思います。

参加した生徒さんとその後LINEでやりとりした言葉に「現代アートは難しかったけれどオノ・ヨーコの青い(インスタレーション)作品の中に入ったときにとても心地よい不思議な感覚になった」という言葉をもらいました。そう、それです!それでいいんです!
意味を理解することも大事ですが、アートは感じることが大事なんです!と深夜1人ガッツポーズの私なのでした💪✨
渡邊香月

d0358704_11022916.jpeg

by lukanose-ikebu | 2019-01-23 10:04 | 授業風景 | Comments(0)


池袋の絵画教室ルカノーズ


by lukanose-ikebu

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無料体験レッスン!
NEWs
教室詳細・クラス
講師プロフィール
授業風景
オープンカレッジ
コンタクト・MAP・公式HP
テレビ・雑誌掲載
こどもくらす
未分類

記事ランキング

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 01月
2015年 01月